ウィッグの素材について

ウィッグには主に『ファイバー』と『人毛』が使用されている

 

ウィッグを選ぶうえで、価格で探している方もいれば品質で探している方もいます。

 

ウィッグで最も重要な部分はもちろん『髪の毛』です。

 

これが無いと何にも始まりませんよね。

 

では、ウィッグには一体どんな素材が使用されているんだと思います?

 

ウィッグの髪の毛の素材としては、主に2種類。

 

ファイバー(人工毛)』と『人毛』です。

 

人毛ウィッグは医療用やミセスウィッグで使用されることが多い!

 

大まかに比較すると、より自然で自毛に近いのはもちろん人毛ウィッグの方です。

 

そりゃあそうですよね、だって人の髪の毛ですから。

 

最高の品質で、生え際やつむじを自然に見せる上では人毛が一歩リード。

 

ただし、価格はとても高く、そこが一番のネックと言えるでしょう。

 

医療用やミセスウィッグ以外でも、超高級ファッションウィッグにも人毛は使用されています。

 

人毛ファッションウィッグで価格はおおよそ40,000円〜50,000円ほど。かなり高級品です。

 

それでも医療用ウィッグよりも安価であるため、医療用ウィッグを探している方の中には人毛ファッションウィッグを選ぶ方も居るほどです。

 

ファイバーには耐熱性のものと、主に3つの種類がある

 

誰の髪の毛を使用しているかもわからないので、『人毛はカンベン!』って方も居るでしょう。

 

そんな方には、『ファイバー』ウィッグがおすすめです。

 

ファイバーにも色々な種類があって、大まかに分けると、中国製、韓国製、日本製が主に市場に出回っています。

 

この3つを見ると、どれが最も安く、どれが一番高級かはわかりますよね。

 

最も安く、素材的に見劣りするのが中国製です。

 

他のファイバーと比較しても絡みやすいし、耐熱性も低いものが多いです。

 

また、ウィッグ特有のテカリなんかもあったりもします。

 

市場に出回っている激安フルウィッグなどは中国製のファイバーを使用したウィッグであることが多いです。

 

ただ、一昔前と比較すると品質は大幅に改善されており、現在のプチプラウィッグは自然で人毛のような見た目となっており、中国製のファイバーを使用しているからと言って決して侮れません。

 

安いフルウィッグだと1,000円程度で購入することができるものもあり、リーズナブルであるメリットとして、ヘアアクセや帽子感覚でウィッグをたくさん揃えて使うことができる、という良い面もあります。

 

生え際やつむじなどは、人工スキンを使用しないとより自然な仕上がりとなるのは難しいのですが、キャップやニット帽などのアイテムと一緒に使うことによってそれはカバーすることができますし、スタイリングやアレンジをすることによって色々なヘアスタイルを楽しむことだってできます。

 

また、最近のウィッグは耐熱ファイバーを使用していることが多く、アイロンやコテでアレンジも自由自在。

 

プチプラウィッグもかなり使えるため、おすすめです。

 

一方、最高級品質を誇る日本の耐熱ファイバーは、ディティールにこだわる方におすすめ。

 

耐熱性、素材感、使用感、見た目、どれをとっても超一流です。

 

ウィッグ特有のテカリを抑えたり、絡みにくく耐久性が高い、と言ったメリットがありますが、価格は高価となります。

 

安いウィッグでも日本製のファイバーを使用していれば5,000円〜10,000円ほどするウィッグが一般的です。

 

日本製ファイバーを使用して価格が5,000円ならかなり激安の部類となります。

 

やっぱり見た目の印象は全然違います。

 

自然ですし、さわり心地も人毛そのものなの。

 

見た目は明らかに別物で、大抵は高品質ウィッグとして使用されますので、人工スキンがついていればつむじや生え際も自然そのものです。

 

その品質の良さから、ファッションウィッグなのに医療用としても使えるフルウィッグも数多くあります。

 

見た目は変わらないのに人毛ウィッグよりもかなり安いため、こちらを選ぶ方も多いんです。

 

韓国製は中国製と日本製のちょうど中間的な位置にあって、素材、価格のバランスがとても良いのが特徴です。

 

韓国はウィッグ大国でもありますので、ウィッグの品質が良く、また韓国系のウィッグを取り扱っているウィッグ通販もあって、リーズナブルで高品質の本場のウィッグが手に入ると評判となっています。

 

韓流ブームは去りましたが、韓国ファッション系は依然として大ブレイク中で、安くて大人可愛いコーディネートが注目されています。

 

ウィッグも同様で、ファッションとヘアスタイルは切っても切れない間柄ですので、韓国ファッションが好きな方は韓国ウィッグを探してみると良いかと思います。

 

品質で選ぶ方はまずファイバーをよく見て!

 

品質でウィッグを選ぶなら、耐熱ファイバーでなおかつ日本製を選ぶことがポイントとなります。

 

日本製の耐熱ファイバーが使用されているウィッグには人工スキンがついているものが多くみられます。

 

人工スキンは自然なつむじや生え際を作り出すのに非常に重要な部分で、これが無いと自然で少ない毛量でのボリューム感や生え際を再現することができません。

 

激安ウィッグにはほとんど付いていませんので、毛量でカバーすることになり、結果ウィッグ自体の重量が増すことになります。

 

日本製の耐熱ファイバーを使用してるウィッグは必ず告知がありますので、チェックしてから購入するようにしましょう。

 

おすすめの通販サイトをさっそくチェックする方は、こちらのランキングからどうぞ^^

 

ウィッグ通販ランキング

ウィッグに絶対に欠かせないものと言えば、髪の毛の部分。人毛ウィッグも数多くありますが、何と言ってもファイバーが最も多いので、ウィッグを選ぶ際はファイバーを見て購入するのが良いでしょう。最近のウィッグに使用されているファイバーはおおよそが耐熱性で、アイロンやコテを使ったアレンジもできるものとなっています。中には耐熱ファイバーではないウィッグもあるので、注意が必要です。また、耐熱とは言え、長時間アイロンやコテ、ドライヤーの熱に晒すと傷んでしまいますので、極力短時間あてるだけにとどめておくのが良いでしょう。ファイバーには大体3つの種類があります。中国製、韓国製、日本製です。詳しいお話はこちらでご説明...